Blog

野菜不足の現在人にとって青汁は、野菜が手軽に簡単にとれるものとして人気です。世間にいろいろな青汁が出回っていますが、入っている野菜の種類や作り方によっては味が全然違います。飲みにくいというイメージが強い青汁ですが、工夫次第でおいしく飲むことができます。今回は青汁のおいしい飲み方についてご紹介します。

青汁をそのまま飲みたい

青汁は飲みにくいけど、なるだけならそのまま飲みたいという方はコップ1杯の水や白湯に溶かして飲みます。青汁が苦くて飲めないという方でしたら、青汁自体に少し甘みついている商品もあります。フルーツエキスが入った青汁もあります。それでしたら、水に溶かしても飲みやすいですし、牛乳に溶かして飲むとさらに飲みやすくなります。逆に太らないようにしたいという人や糖尿病などで気になる人は、原料の中に甘味の成分が入っていないか確認されることをおすすめします。

青汁の形態も進化

青汁は粉末を水などの液体に溶かして飲むというのがこれまでの飲み方の主流でしたが、青汁 ランキングで紹介されている様に、今では青汁をゼリー状にした商品もあります。寒天などを入れたゼリータイプのもので、つっるとした食感でして、一つずつ包装されていますので、手軽に食べることができます。飲み込みの方が気になる高齢者の方にも安心です。

その日の栄養に合わせた飲み方で

青汁では野菜の栄養として補うことができますが、もう少し一緒になんらかの栄養を取りたいなと思う方は、その時の摂りたい栄養分によって飲み方を変えることができます。からだにビタミンも摂りたいという方は、果物をジュースにして一緒に飲んだり、タンパク質や大豆製品をとりたいのであれば豆乳に溶かして飲むこともおすすめです。その日の体調に合った飲み方をして、健康な毎日を送りましょう。

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントは利用できません。

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー